2012年04月04日

300万円程度の弁護士報酬、2200万請求

弁護士報酬を過大に請求したとして、愛知県弁護士会は6日、弁護士法に基づき、
同会所属の深見章弁護士(66)を業務停止4か月の処分をしたと発表した。
処分は2日付。

 発表によると、深見弁護士は2004年8月、強制わいせつ容疑で逮捕された
男の父親から弁護依頼を受け、1時間5万円の報酬で契約。
約440時間がかかったとして同年8月~05年6月の間、5回にわけて
総額2192万5000円を受け取った。弁護をした男は、控訴審で執行猶予付き判決を受け、
確定した。弁護士報酬の規定はないが、同会では、特に難解な事件でもなく、
「300万円程度が適正報酬。あまりにも高額で、弁護士法に違反する」などとしている。

深見弁護士は08年にも、婚約解消訴訟で過大な弁護士報酬を受け取ったとして、
業務停止1か月の処分を受けている。

深見弁護士は、「弁護士会の処分に従う」と話しているという。
 同弁護士会の細井土夫会長は「多くの弁護士が積み上げてきた社会的信用を傷つけるもので残念」
と話した。

300万円程度の報酬が2200万円 高い~

愛知県弁護士会会長も
「多くの弁護士が積み上げてきた社会的信用を傷つけるもので残念」
なんか他人事みたいですが、深見弁護士は2回目ですよ会長
2回目だから業務停止4月くらいなんでしょうね。
1回目は業務停止1月やったですもんね


世間なら1回目でアウトですが弁護士は2回目でも業界追放になりません

過去のデータでは4回までは大丈夫です

しかしだ
強制わいせつ事件だが執行猶予のつく刑事弁護で報酬が2200万円は
もうちょっと高いと早く依頼人も気がつかないといかん
かなり動揺していたかお金持ちであったか、弁護士が金持ってると見て
取れるだけ取っていったか

1時間5万円だと!!
これじゃ「振り込め詐欺」と同じやないの
300万円が普通ってか~
そうですか公然わいせつの執行猶予の弁護は相場は300万円ですか
覚えておきましょう。みなさん
強制わいせつは執行猶予はつくけど、高くつくということで抑止力になります
300万円あれば~誰だよからぬ事。考えておるんわ!
posted by のどかSI事務局スタッフ at 19:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。