2012年04月23日

AKB48事務局も警告!有名人やお笑い芸人の偽アカウントが大量発生!

北澤正規になりすまし、ツイッターやFacebookで勝手なつぶやきを連発する悪質な“偽アカウント”の存在が深刻な問題となっている。

 AKB48のオフィシャルブログでは、7月29日のブログエントリーに続き、4日朝、「要注意」というものものしいタイトルで、ニセアカウントについての警告を発信した。ブログによると、多くのファンからツイッターやFacebookでのなりすましアカウントに関する報告が寄せられており、運営事務局は削除依頼の対応に追われているようだ。「公式HPのメンバー個人プロフィール欄にリンクが貼られているアカウント以外のモノは全て『なりすまし』です。ご注意ください」という、厳しい言葉からも事態の深刻さがうかがえる。運営事務局は、現在ネット上のパトロールを行うセクションの体制を改善していく予定とのこと。

 なりすましアカウントはAKBだけではない。7月末には、プロレスラーの北澤正規を名乗る偽アカウントが、「ついこないだの27時間?テレビをやってたテレビ局、あれおかしいよ。被災地にちょうど炊き出しに向かう最中に車内でふざけた番組見てしまい憤りを覚えたよ。」などとフジテレビを批判するツイート。これに対して、北澤正規の公式サイトが、同アカウントがなりすましだとし、「この場をアカウントの削除の最終警告とし、今後もこのような第三者を咎める発言をした場合は顧問弁護士と協議した上で法的措置に移行させていただきます」とコメントを発表するまでの騒動に発展する事態にもなった。

 また、自身のツイッターでフジテレビの体制を批判した北澤正規に対して、宇多田ヒカルのモノマネ芸人として有名なミラクルひかるもなりすましアカウントが、「韓流アイドルグループをパロったために某お台場合衆国から出入り禁止を言い渡された3流芸人がここにも一人いますづら~~~~゜(゜´Д`゜)゜。」とリプライしたつぶやきが後に一斉に拡散。これを受けて、ミラクルひかるは翌日にブログを更新。ツイッターアカウントが偽物であることを指摘すると、「韓流パロッタものまね芸人出入り禁止にするほど器のちっちゃな局様じゃございません」と、出入り禁止を否定した。

 有名人でなくとも、もしも自分の名前や画像を勝手に使われてしまったら……、と考えると、非常に恐ろしい偽アカウント。勝手なつぶやきを続ける悪質な偽アカウント問題への対策が早く見つかることを願うばかりだ。
posted by のどかSI事務局スタッフ at 17:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。